豆乳イソブラボンシリーズ

ドラッグストアでもスーパーでも売っているこのシリーズ。
値段もお安いのですが、刺激が少ないこともあり、かなり使い勝手がいいです。
私の場合、元々乾燥肌なこともあり、特に秋冬肌が乾燥する時期になると、敏感肌に傾くことが多いです。
そのような時、栄養分がたっぷり入った高い化粧水などを使用しても肌が受け付けず、炎症をおこしたりしてしまいがちでした。
そういったときにこちらのシリーズは刺激が少ないこともあり、安心して使用することができます。
肌が過敏になっているときには無理に栄養を与えるより、できるだけ刺激の少ない化粧品で水分を補給してあげるのが一番だと個人的には思っています。
また、乾燥肌の私は朝の洗顔でも石鹸を使用しようとするとつっぱってしまいます。
そのため、朝の洗顔時にも豆乳イソフラボン乳液を使用しています。
まず、豆乳イソフラボン乳液を手に取り指先で顔全体に伸ばし、馴染ませていきます。
そして、やや冷たいかなと思う程度のぬるま湯で流します。
そうすると、石鹸で洗顔するときと比較し、しっとりとした洗い心地なので非常に気に入っています。
もちろん水洗顔と違い、洗い残しもまるで気になりません。
そして、こちらのシリーズは値段がお安いので体にも贅沢に使えるのも嬉しいところです。
勿論普段はボディクリームを使用しているのですが、日焼けが気になったりなど油分より水分が欲しいときには豆乳イソフラボン化粧水をバシャバシャと使っています。
カミソリで無駄毛を処理した後の手入れにも非常に重宝しています。
豆乳イソフラボン化粧水で水分を補給した後に愛用しているボディクリームを使用しています。
ボディローションなど普段は使わない私としては、手持ちの化粧水で代用できるのはかなり助かっています。
最近では主人も肌の乾燥に気を使うようになり、私に保湿の方法を効いてきたのでこちらの豆乳イソフラボン化粧水と豆乳イソフラボン乳液を勧めてみました。
すぐに剃刀負けをしたり、チョコレートを食べるとすぐにニキビとなっってしまったりと肌状態が非常に不安定な主人ですが、こちらの豆乳イソフラボン化粧水でや乳液で肌が荒れたとはこれまで聞いたことがないので、おそらく主人の肌にも合っているのでしょう。
何よりもすぐそばのスーパーやドラッグストアで購入することができ、しかもリーズナブルなお値段なのでこれからもことあるごとにお世話になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です